債務整理を直接法律事務所に行って相談

弁護士相談

債務整理の3つの方法

金融機関でお金を借りた後は、当然のことながら返済をしなければなりません。しかし体調を崩して働けなくなるなど、様々なことが原因で返済が滞ってしまうことがあり、そうなるとさらに借金が増えてしまったり、厳しい取り立てに悩まされることがあります。日常生活に支障が出るようになってしまうと、借金の返済の目途がたたなくなってしまうことがありますから、債務整理を選ぶということも選択肢の1つになります。

ただ債務整理を行いたいと考えても、一方的に宣言するだけでは実行することができません。一般的に債務整理には、3つの種類があります。任意整理と個人再生、そして自己破産というもので、借金の金額や借り入れ先などを考慮して、3つのうちから債務整理の方法を選ぶことになります。

任意整理の場合は、お金を貸してもらった金融機関や金融業者と交渉をして、利息をこれまでより抑えてもらい、毎月の返済額を見直すという方法です。裁判所を介して交渉するわけではありませんから、手軽で多くの人が選択しやすい方法になっています。ただ、金融機関や金融業者と交渉をするのは簡単ではありませんから、専門的な知識を持つ債務整理弁護士に相談するほうが良いといえます。

法律事務所に相談するメリット

そのため法律相談所で相談をして、代理で交渉をしてもらうようにすれば、スムーズに交渉が進むことが多いです。そして個人再生の場合は、裁判所を介して、借金を減額してもらうという方法になります。裁判所を介することによって、必要な書類を提出しなければなりませんし、専門的な法律用語も飛び交うことになりますから、やはり法律相談所に依頼をすることが良いといえます。

そして最後は、自己破産という方法ですが、これも裁判所に申請をして、本当に返済する能力がないのかどうかの審査を受けることになります。その際に必要な書類を提出しなければなりませんし、借り入れをしていた金融機関との交渉もしなければなりません。

さらに、自己破産をすることによって、今まで所有していた財産のほとんどが差し押さえになりますから、やはり弁護士に相談したほうが安心です。法律相談所に相談をすることによって、自分の借金の金額や返済能力などを鑑みて、どのような債務整理をしたほうが良いのか提案をしてくれます。借金を帳消しできる自己破産が手っ取り早くて良いのではないかと考えがちですが、自己破産を選ぶことによって当分の間は、クレジットカードを持つことができない、ローンを組むことができないというデメリットもあります。

もし少しでも返済能力があるのであれば、個人再生を選んで借金を減額してもらったほうが良いこともあります。それぞれによって借金をしたときの事情や返済できなくなった事情が異なりますから、債務整理の方法も決められたものがありません。生活を立て直す上で、一番良い方法を法律相談所に相談することによって見つけることができ、面倒な手続きもスムーズに済ませることができます。