債務整理中の即日融資で損しない方法

ブラックリストとは

債務整理を行うと、今ある借金の減額、若しくは免除が可能となります。
ただ債務整理をするとどの方法を選んだとしても計画通りに借金の返済ができなかったと言う事になり、事故情報としてブラックリストに登録されます

現在、金融機関の中には申込をしたその日のうちに融資してくれる所も存在しています。
それを即日融資と言いますが、もちろん利用する為にはその金融機関の審査を受けてパスしなければなりません。
審査の時はその人の年収や年齢等も調べますが、信用情報機関への登録があるかどうか、つまりブラックリストに掲載されているかどうかの確認もあります。

その為、多くの金融機関ではその人に融資をしても貸したお金を回収できない可能性があると考え、融資不可と判断してしまいます。
したがって、債務整理中の即日融資の申し込みをすると審査にも時間がかかり、さらに審査に通る確率もかなり低くなるため、お金を借りられない可能性が高くなります。

ただ債務整理中だからと言って100%即日融資が受けられないかと言ったらそうではなく、選んだ方法によっては即日融資は可能と判断する金融機関も存在しています。
例えば任意整理を選んだ時がそれに当たります。

任意整理中の場合、ブラックリストに情報が登録されており、さらにまだ借金を返済している最中と言う事になります
ただ返済能力がゼロと言う訳ではないので、金融機関によっては即日融資を行ってくれる所がある可能性もあります。
とは言ってもブラックリストに登録されていない人と同じ条件でお金を借りることが出来る訳ではなく、借入限度額をかなり少なめに設定されてしまうことが多々あります。

できる限り避けたい

現在日本ではブラックリストに情報が掲載されている人にお金を貸してはいけないと言うルールは設けられていません。
しかし金融機関にとって、債務整理中の人にお金を貸す事は貸し倒れリスクが通常に比べると非常に高くなってしまう為、積極的な融資は基本的には行っていないのです。

しかし中にはこうしてブラックリストに情報があったとしても融資をしてくれる金融機関も存在しているので、絶対に融資を受ける事が出来ないわけではありません。
ただお金を借りられる可能性はかなり低くなります

また、ブラックリストに情報が登録されているのは大体5年から10年の間となっており、その期間を経過すれば自動的に情報は削除される仕組みとなっています。
もちろん金融機関は個人信用情報機関にない情報まで事細かく調べて融資の可否を決めると言う訳ではありません。
その為、債務整理5年から10年が経過し、さらにその金融機関が設定している融資対象者の条件を満たしていれば、即日融資を受けられる可能性は各段にアップします。

ただ実際に債務を整理する手続きを行ったことがある金融機関には、ブラックリストの情報が削除された後でも事故情報は残されたままとなる可能性が高くなっています
その為、一度債務を整理する諸手続きを行った事が有る金融機関の場合は、整理後10年程度経過したとしても利用できない場合も珍しくありません。