知っておきたい!債務整理する金融会社を選ぶことができる

借金問題で困難を抱えた時などに是非とも利用したいのが、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することによって債務整理を行なうことでしょう。もちろん、一言で債務整理と言っても幾つかの種類や方法があるため、より賢明に決定できるよう基本的な知識を得ておくのは大いに助けになるでしょう。

特定調停

債務整理の一つの種類として、特定調停と呼ばれるものがあります。これは、裁判所が間に入って借金問題の解決に当たってくれるものを指しています。一言で言えば、簡易裁判所を利用して行なう債務整理であると言うことができるでしょう。特に、借金の返済ができなくなってしまったわけではありませんが、このままの状態が続いていくならいずれは返済が非常に困難になってしまうであろう、といった状況に直面した時に利用することができる方法のことです。

この制度は、あくまでも返済ができるということを目的としているため、全ての借金をなくしてしまう自己破産とは大きく異なる性質を持っていると言えるでしょう。
特定調停を利用して債務整理を行なう大きなメリットの一つは、裁判所に依頼する際に多額の費用は必要ないということです。それに対して、弁護士や司法書士などに依頼すると多額な費用が必要であると言われています。それで、弁護士や司法書士などに対してそれほどの報酬を支払うことができない方であるなら、特定調停が利用しやすい便利な方法であると言えるでしょう。

原因によって対処が変わる

また、返済に困ってしまうような大きな借金を抱えてしまう方の中には、浪費やギャンブルなどが原因となっている場合もあるでしょう。そのような場合に、自己破産による債務整理を行ないたいと思うならどうでしょうか。この場合、借金の原因が免責不許可事由に該当することになるため、自己破産では返済を免除されることはないでしょう。ところが、特定調停を選ぶなら、借金の原因が問われることがないため、たとえ浪費やギャンブルなどが原因でできた借金であっても手続きを行なうことができ、結果として借金を整理することができるのです。

加えて、特定調停を選ぶことにはもう一つのメリットがあると言われています。それは、借金を整理する金融会社を選ぶことができるということです。仮に、一つの金融会社からだけではなく、複数の金融会社から借入を行なっているとしましょう。そのような場合、特定調停なら、それら複数の金融会社の中から一つの金融会社だけを選んで借金整理の対象とすることができるという利点があるのです。例えば、借入時に、高い金利で契約してしまった金融会社の債務だけを整理することができるのです

つまりこれは、金利がそれほど高くなく、無理なく返済できる所にはこれまでと同様に返済を続けて行ないながら、金利が高くてどうしても返済できないと感じる所の債務のみを整理することができるということを意味しています。このような方法によって、借金の返済はずっと楽になることでしょう。